スマートフォンサイト制作

近年急速にシェアを拡大しているスマートフォン。
もはやPCサイトだけでは十分とは言えず、マルチデバイスに対応するサイト制作のニーズが高まっています。

iPhone・Android

既存サイトのスマートフォン向けサイト制作

PCサイトとスマホサイト既存のサイトをスマートフォン向けに最適化します。
iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでは通常のPCサイトも閲覧が可能ですが、文字が小さく見づらかったり、3G通信ではスムーズに表示されなかったり、必ずしも快適な閲覧環境ではありません。

そのため、サイトをスマートフォンに最適化します。スマートフォンサイトの特徴としてはメニューボタンなどのレイアウトをシンプルにし、情報量を抑えることによりストレスなくサイトを見ることが出来ます。

店舗サイト・ショッピングサイト・サービスサイトなどでは今後スマートフォンへの対応は『必須』となってくると言えるのではないでしょうか。


新規サイトをスマートフォンに対応

多様化する端末スマートフォンの出現により、今までは『PCサイトと携帯サイト』の対応でOKだったものが、『PCサイト・携帯サイト・スマートフォンサイト』という3つに対応する必要が出てきました。

新規サイトを制作する際、マルチデバイスに対応出来るサイトにしておく事が今後の『生き残るサイト』の条件になってくるかもしれません。


スマートフォン対応の必要性

①画面サイズが違う
スマートフォンはパソコン・そして従来型の携帯とは画面幅が異なります。そのため、PCサイトを見る時も拡大しなければ文章が読めなかったり、ボタンが小さくて押しにくかったりなどユーザビリティ面での課題を残します。そこでスマートフォンに対応したサイトを制作し、ユーザーがストレスなく閲覧出来るよう最適化します。

②急速なシェアの拡大
iPhoneの大ヒットなどに象徴されるようにスマートフォン市場は急速に拡大しています。将来的にはモバイルユーザーの半数以上がスマートフォンになるという予測もあるように、モバイルの主流になっていく可能性の高い端末です。今後WEBサイトはスマートフォンからのアクセス(トラフィック)が無視できない割合になっていくため、最適化されたサイトが必要になってきます。

PC向けサイトとの違い

多様化する端末PCサイトはパソコンのモニターに合わせてレイアウトされていますので、多様な情報がを盛り込む事が可能です。またADSL・光回線が普及した事によりサイズの大きな画像・動画・FLASHなどリッチなコンテンツが多用されています。

スマートフォンはPCサイトに比べ、
・マウスでは無くタッチパネルでの操作
・画面サイズが小さい
・回線速度が限られている

などという特徴があります。


既存の携帯サイトとの違い

多様化する端末従来型の携帯(ガラケー・フィーチャーフォン)のサイトでは基本的な構造がPCサイトと異なります。横幅が狭く、サイズの大きい画像が使えないため、携帯用のアイコンや絵文字など独自のデザイン性・機能を持つ事が多いです。

また、機種やキャリアによって仕様がそれぞれ異なり、独自の機能を持つ携帯も多いのが特徴です。

スマートフォンは従来型の携帯に比べ、
・タッチパネルで操作性が高い
・ある程度大きなサイズの画像が使用可能
・JavascriptやFLASHなどのリッチなコンテンツが使用可能(iPhoneはFLASHに非対応)
・アプリとの連動性が高い

などという特徴があります。

スマートフォンではより豊かな表現、インタラクティブなコンテンツをユーザーに見せる事が可能になります。


制作料金

制作料金(既存サイトの場合):10万円~
制作料金(新規サイトの場合):別途お見積り

ページ数や内容により料金は変わってきます。
詳細なお話を伺ってからお見積りをお出ししますので、
お気軽にお問合わせ下さい。


制作事例

自社コーポレートサイトのスマートフォン対応サイトを制作しました。詳しくはこちらをご覧ください。